構造

構造について
STRUCTURE

構造について

住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号。以下「評価方法基準」といいます。)1-1耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている等級3の基準であり、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊、崩壊等しない程度を想定しているものです。

具体的には「限界耐力計算による場合」「保有水平耐力計算等による場合」のいずれかの確認方法、又は「階数が2以下の木造の建築物における基準」「枠組壁工法の建築物における基準」「丸太組構法の建築物における基準」のいずれかに適合することが必要です。


工法について
METHOD OF CONSTRUCTION

工法について

ベタ基礎工法

地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの捻れや歪み食い止め、衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。

近年は耐震性を重視する傾向に、住宅の基礎工事の主流は線で受ける「布基礎工法」から、面で受ける「ベタ基礎工法」に移行していっています。


安心のシロアリ10年保証

安心のシロアリ10年保証

HAPPY READY BUILDでは、基礎パッキン工法を用いてシロアリ被害を防ぎ、さらに10年保証を付けています。 基礎パッキンを設置し、従来の通気口と比べ、よりムラのない換気を実現します。

また、防蟻剤は住む人に配慮し有害な化学物質を含まない安全が保証されたものを使用。 更に、シロアリ被害を未然に防ぐ床下換気工法として、基礎と土台のあいだに「基礎パッキン」という部品を設置しています。



木造在来軸組工法

木造在来軸組工法

在来軸組工法とは、「基礎」の上に木の「土台」、その上に「柱」と「梁」を組み合わせて造ることを言います。 山田工務店では60年以上志太地域でリフォーム工事にも携わっており、様々な工法で建てられたお家を見てきました。

2×4などで建てられたお家では壁の内側がカビだらけになっていたり強度が不十分だったりと数々の問題が発生していました。そのため、これまでの経験から、弊社では在来軸組み工法を採用しています。